八十田勇一

八十田勇一

劇団そとばこまちの八十田という者です。俳優業です。主に脇役中心に頑張らさせていただいてます。現在、青山円形劇場の『D/J』で松永さん、松尾貴史さん、後藤ひろひとさんの脇を固めています。今回は松永さんとの出会いとその軌跡を記した私のメモを紹介させていただきます。

3/14 渋谷のスタジオ
初対面。目が大きい・・・タイプだ。元気印の女優さんによくあるカン高い声の「よろしくお願いしま~~~す」ではなく、低い声で「初めまして、松永です」。カメラに向かう表情もクールだ。

5/9 新宿の居酒屋
初めての飲み会。程よく酔った松永さんが隣に座り「普段はなんて呼ばれてるんですか?」「ヤソチンです」「チンって・・・」。私のルックスと呼ばれ方のギャップが気に入らなかったらしい。その後はずっと「ひげ」と呼び捨てだ。

6/5 下北沢の稽古場
松永さんがなかなか稽古に来ない。前日飲み過ぎて中耳炎になったらしい。そんな人初めて聞いた。謎の女だ。

6/13 下北沢の稽古場
衣裳の内村さんが来る。目が大きい・・・タイプだ。いつの間にか松永さんが私の背後にいた。「松尾さんの奥さんよ」・・・見抜かれてる。

6/22 下北沢のバー
遊気舎の楠見さんと3人で飲む。人の悪口で意気投合。もう一軒という雰囲気になったが「もうちょっと遊んで行くわ」と松永さんは下北の夜のネオンに消えて行った。
ちょっとジェラシー。

6/23 下北沢のスパゲッティ屋
初めて2人で食事。松永さんはカルボナーラ、私はパンプキンスープスパ。「お前、おかまか!」と口汚く罵られた。

続きはまた機会があれば。では。

スポンサーリンク